長嶋茂雄の完全保存版サイト

Sponsored Link

長嶋茂雄のメークドラマ。11.5ゲーム差をも大逆転させる

このエントリーをはてなブックマークに追加  

長嶋茂雄の名言の一つ“メークドラマ”。
巨人軍がペナントレースで大逆転劇を演じるという言葉です。
元々は95年に低迷するナインを奮起させ、マスコミに逆転の意思があるというのを表すのに、長嶋茂雄監督が使い始めました。
結局同年は、ヤクルトにリーグ優勝を譲り、巨人は3位で終了。

 

翌年96年のペナントレースでは、中盤までは広島に最大11.5ゲーム差を付けられ、優勝のチャンスは絶望と思われていました。
しかし7月9日の11ゲーム差で迎えた広島戦。
日本タイ記録になる9走者連続安打で一挙7点を奪い勝利したのを機に、巨人の快進撃がスタート。
16日には「メークドラマ」宣言をし、ゲーム差は徐々に縮まり、ついに100試合目で首位に!
10月6日の対中日戦で勝ったことでし、大差だったゲーム差をひっくり返しての巨人のリーグ優勝が決まります。
ここに長嶋茂雄の「メークドラマ」は完成したのでした。

 

“メークドラマ”はこの年の流行語大賞にも選ばれ、以後巨人の大逆転劇を表す言葉として定着するようになりました。


このエントリーをはてなブックマークに追加  

Sponsored Link