長嶋茂雄の完全保存版サイト

Sponsored Link

天覧試合でも見せる長嶋茂雄、ON砲に逆転本塁打

このエントリーをはてなブックマークに追加  

長嶋茂雄は、天覧試合でも劇的逆転ホームランを打つエピソードを残しています。
1959年6月25日、昭和天皇・皇后両陛下が初めてプロ野球の試合を球場でご覧になった、いわゆる「伝統の一戦」天覧試合である巨人阪神戦が後楽園球場で行われました。

 

巨人藤田、阪神小山とエース同士の対決で始まり、試合は点の取り合いになります。
7回にリードされていた巨人は王貞治の本塁打でついに同点。
(すでに長嶋も同試合で本塁打を打っていたので、この王の本塁打が、ON弾の第1号となる。) 

 

同点のまま試合は続き、9回に入った時は21時を過ぎていました。
天皇・皇后両陛下が野球観戦されられるのは21時15分までであったために、延長線に入った場合、両陛下は試合結果が見届けられず途中退席ということに。
しかし9回裏、時刻は21時12分。先頭バッター長嶋茂雄は、レフトポールギリギリに入るサヨナラ本塁打を放ち接戦に終止符をうち、両陛下も結果を見届けての退席。
現在でも長嶋茂雄は、この試合を最も印象的な試合の1試合としています。


このエントリーをはてなブックマークに追加  

Sponsored Link