長嶋茂雄の完全保存版サイト

Sponsored Link

長嶋茂雄の親交は、ジャンルを問わず幅広い

このエントリーをはてなブックマークに追加  

人生を野球に注いできたと言える長嶋茂雄。
しかし親交は野球界やスポーツ界だけにとどまりません。
政界、芸能界等と親交は幅広く、長嶋茂雄が第二次監督時代に、長嶋の後援会「燦燦会」が設立されたことにより、東京電力の平岩外四会長、アサヒビールの樋口廣太郎会長やソニーの創業者盛田昭夫なども名を連ねています。

 

中曽根康弘は、長嶋所有の世田谷区上北沢の家を20年以上借りて住んでいたこともあり、親交を深めています。
高倉健の親交も知られ、長男一茂の結婚式にも、冠婚葬祭の場に滅多に現れないと言われている高倉健が出席し、報道陣を驚かせたというエピソードも。
若かりし頃は長嶋茂雄高倉健で成田山新勝寺に初詣に行っていました

 

石原裕次郎とは親友であり、1962年1月に長嶋は石原夫妻と一緒に米国旅行をしています。
この時なんと、石原裕次郎はカジキを、長嶋はイルカを釣り上げて大盛り上がりだったそうです。
ちなみに石原裕次郎は1959年に、長嶋の応援歌「男の友情背番号・3」を発売しています


このエントリーをはてなブックマークに追加  

Sponsored Link