長嶋茂雄の完全保存版サイト

Sponsored Link

長嶋茂雄、立教大学で砂押の猛特訓を受け台頭する

このエントリーをはてなブックマークに追加  

1954年に佐倉第一高等学校から立教大学に進学した長嶋茂雄は、入学直後に父親が急逝したことで大学を中退プロ入りすることも考えたそうです。
大黒柱を失った長嶋家は困窮するが、母親が行商などして生計を支えることで長嶋茂雄も大学を続けられることになりました。

 

立教大学野球部入部当時は、「鬼の砂押」としても知られる砂押監督に、特別扱いとも取られる猛特訓を受けます。
ボールに石灰をまぶして夜間も続けた「夜間の千本ノック」と言われる猛特訓の厳しさは想像を絶するのでしたが、その甲斐あって正三塁手となりました。

 

しかしあまりの砂押監督の猛特訓ぶりに、耐えられなかった7割近くの部員が退部。 
翌年には先輩の大沢啓二たち上級生部員が、立教大学総長松下正寿を巻き込んでの立教砂押排斥運動をおこし、退任を余儀されます。
砂押の鍛え上げた長嶋茂雄がその後に台頭、同期の杉浦忠投手(南海)と主将・本屋敷錦吾内野手(阪急、阪神)とともに「立教三羽烏」と呼ばれ主軸を担いました。


このエントリーをはてなブックマークに追加  

Sponsored Link