長嶋茂雄の完全保存版サイト

Sponsored Link

長嶋茂雄のバッティングスタイルは型がないから適応力が高かった

このエントリーをはてなブックマークに追加  

長嶋茂雄は、多くの記録を作り記憶に残るパフォーマンスも数多く残しています。
長嶋茂雄のパフォーマンスといえば、「型にとらわれないバッティングスタイル」もあるのではないでしょうか。
型がないということは、無数の型がある。だからどんな状況・投手・球種にも適応できる。

 

金田、村山、江夏、坂東に稲尾と言った名だたる名投手に加え、名捕手野村克也でさえも長嶋茂雄のことを「計算出来ないバッター」と評しています。
江夏に至っては「打席ごとになぜ打たれたのか、なぜ打ち取られたのかが全くわからない」と語り、野村は自著の中で「来た球を打てる天才」と称しています。 
当時の巨人軍監督川上哲治は長島茂雄のバッティングスタイルについて「並の打者なら1割もおぼつかないフォーム。
長島は天性の能力でバットのヘッドを最後まで残していたため、あんなフォームでもいろいろなボールに対応できた。」
と高く評価しています。
少年野球教室などでも「長島だからできる打ち方」とバッティングスタイルを真似しないよう釘を打っていたそうですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加  

Sponsored Link